海外旅行保険

海外旅行保険とは

海外旅行といえば、楽しいイメージばかりで保険のことまで頭に浮かばないかもしれません。
スーツケースには何を詰めていくか、どんなお洋服を持って、どんな靴を持っていくか、お土産は何にしようか…
そんなことばかりに頭が行ってしまい、海外旅行保険のパンフレットなんかまったく目に入らない方もいらっしゃるかもしれませんね。
ところが、実は海外旅行の渡航先で、病気になってしまう方や怪我をしてしまう方、
または現地でカバンを盗まれてしまったり、物を壊してしまったりなど、実際日本人が海外に渡航した際にはさまざまなトラブルがつきものなんです。

 

日本国内であれば、病気に行っても保健証は使えますし、
日本語が使えるので最寄りの警察に届け出るなど、速やかに対応できるかもしれませんが、
言葉の通じない海外ではそういったトラブルの時、頼りになるのは何かと考えてみてください。
大使館や領事館ももちろんですが、実際にはまずは海外旅行保険のカスタマーデスクに電話を掛ける方が多いようですよ。
こういった病気や怪我、盗難、物損事故に、海外旅行保険は対応しているのです。

 

海外旅行に行く際には、誰しも自分は健康だから保険なんかに入らないくても大丈夫、
そのお金はお土産に充てよう、なんて思ったりするものかもしれません。

 

けれど、実際に現地で病気や怪我になってしまった場合、その治療費がとっても高くつくことを知ると、海外旅行保険は必ず入るようになるかと思います

 

海外旅行保険とは

例えば、救急車は日本では無料ですが、海外、例えばアメリカの州によっては出動ごとに5万円から7万円程度のお金がかかったりします。

無料なのは日本だけ、くらいで構えておいた方がいいでしょう。

 

また、日本で保険がなくて支払ったとしても、そこまで高額の医療費を請求されることはないかもしれませんが、
海外では日本で保険に入っていなかった場合の数倍のお値段が請求される、と思って間違いないかと思います。
行く先々の国によって違うかもしれませんが、海外旅行保険に入っていると、現地で日本語の話せるお医者さんを教えてもらえたりと、
何かと便利です。海外旅行保険は、たとえ2泊3日くらいの旅行でも入っていたほうが安心
ですよ!
特に、期間が短いほど保険料もお安いですから、万一の時のために入っておくと、安心して海外旅行を楽しむことが出来るのではないでしょうか。

 

海外旅行保険の契約